宮崎県都城市 メディカルシティ東部病院

メディカルシティ東部病院


メディカルシティ東部病院


TOP > 医療関係者の方へ > 臨床研修案内

臨床研修案内

当院の特徴

当院はH5年11月に設立されました。病床は143床(一般型:111床、療養型:32床)で、外傷救急センター、消化器センター、画像診断センター、がん化学療法センター、肝がん治療センター、外科、循環器内科、呼吸器腫瘍内科、放射線科及びICUにおいて、それぞれの学会専門医が診療を行っています。

また宮崎県では、宮崎大学医学部付属病院、県立宮崎病院、都城市郡医師会病院に次いで、4番目のDMAT認定施設となり(私立病院としては南九州初)ました。

当院DMATチームの特徴は、現場に出動した救急隊からの要請を受けて、救急現場へのDMAT活動を行っています。H19年4月よりH22年7月までの3年間で、125件の救急現場へのDMAT出動を行い、救命率の向上に貢献しています。

研修医諸君の参加を心からお待ちしています

メディカルシティ東部病院 ヘリポート
救急搬送用のヘリポート

宮崎大学医学部附属病院および宮崎生協病院における協力型病院の申請が受理され、H22年度より卒後初期研修(救急、外科)を受け入れます。2名の研修指導医(小林、瀬口)が責任を持って指導いたします。

この新たな試みを、新たに医師となり理想に燃えている初期研修医の皆さんと構築していけたら幸いです。

念願の新病棟が、H22年4月よりオープンしました。

宮崎県では初の、屋上に救急搬送用のヘリポートを備えた、4階建てです。

64列MDCTや3テスラMRIの最新設備に加え、手術室(2室)、血管造影室(1室)の新設、外傷救急センター、ICUを拡張造設し、さらなる救急体制の強化を図っています。

また当院では救急医療のみではなく、がんの診断(画像診断、内視鏡的診断)から、がん治療(内視鏡的治療、手術、化学療法)、さらには緩和療法にも接することができます。

私達は積極的な研修医諸君の参加を心からお待ちしています。

 

研修問い合わせ担当 : 瀬口 浩司 ≪メールでのお問い合わせ≫

担当医より

外科担当医より

(編集中)


このページの先頭に戻る



コンテンツはここまで

医療法人 宏仁会 メディカルシティ東部病院

〒885-0035 宮崎県都城市立野町3633-1 [地図]

TEL:0986-22-2240 FAX:0986-25-8646

COPYRIGHT (C)2015 メディカルシティ 東部病院 ALL RIGHTS RESERVED.